④翼状突起と翼口蓋窩
トップページ > ④翼状突起と翼口蓋窩

④翼状突起と翼口蓋窩

2018年05月01日(火)10:06 PM

●蝶形骨とは
蝶形骨(sphenoid bone)とは頭骨の中央に位置する、頭部解剖にとって「要」となる骨です。蝶が羽を広げているような形に見えることからこの名がつきました。


頭蓋底の中央部を形成しており、上方は頭蓋内の床面の一部であり、下方は頭蓋外の鼻腔・咽頭の天井部分の突出となっています。
蝶に見立てると、「大翼」と「小翼」は大脳側に面した翼であり、また下方へは「翼突板」という突出(鼻咽腔の外側)を持っています。

●蝶形骨の動画


「大翼」は両側に広がる部分で、これに前方の眼窩面と上方の大脳面と外下方の側頭面の3面があります。その根部には3つの孔、即ち正円孔、卵円孔と棘孔があります。
「小翼」は体の前上部から両側に広がる部分で、基部は視神経管で前後に貫かれ、小翼と大翼の間には細長い上眼窩裂があります。


 ●翼突(翼状突起、Pterygoid Process)とは
蝶形骨の下方への突出部であり、頭蓋底から下顎骨をつり下げるように連結している、内側の咀嚼筋の付着部です。
下顎骨は顎関節(TMJ)にて、頭蓋底と蝶つがいに連結していますが、これらを閉口するための筋肉群が、咀嚼筋(閉口筋)です。
※開口するための筋肉群は舌骨上筋群。舌骨とその上方の骨(下顎骨、頭蓋底)とを連結します。

咀嚼筋は4つありますが、下顎骨の内外に2つづつあります。
①外側… 咬筋、側頭筋
※外側にある筋は、噛みしめた時に膨らみを触知できます。「咬筋」はエラの膨らみとして、「側頭筋」はこめかみの膨らみとして触れることができます。
「こめかみ(側頭部)」とは、「米噛み」に由来し、文字通り咀嚼筋の一つであることが分かります。
②内側… 内側翼突筋、外側翼突筋(上頭・下頭)

翼突には外板と内板の2枚の突出があります。外板から外側翼突筋が、内板から内側翼突筋が付着しています。
外側翼突筋(上頭)… 外板の基部(蝶形骨大翼の側面下面)と顎関節周囲とを連結する
外側翼突筋(下頭)… 外板(先端)と顎関節周囲とを連結する
内側翼突筋… 内板と下顎骨の角部やや内側とを結ぶ
※咀嚼筋はV3(下顎神経)の支配



●翼口蓋窩(Pterygopalatine fossa)とは
上歯肉(外側)の一番、奥まで指を突っ込んでみると、歯肉(上顎)の「端」を触れます。これが上顎結節です。上顎骨の上口蓋の後端となります。
口の中から触れることはできませんが、その更に奥には、溝を挟んで翼突の外板が続いています。この溝は上顎骨と蝶形骨の境界でもあります。
この上顎骨の口蓋部と、翼突外板の間にある「溝」は「翼口蓋窩(PPF)」と呼ばれ、ヒモ構造(AVN)の交通の要所となっています。

翼口蓋窩とは、側頭下窩の内側にある錐体状(下部が狭い)の空間で、中頭蓋窩、眼窩、鼻腔の間を連絡する重要な部位となり、これらの構造に分布する神経や血管が多く通っています。
顔面骨とは内臓頭蓋とも呼ばれ、食物と空気の通り道を動かす筋骨格群が存在します。
また眼窩・鼻腔・副鼻腔・口腔・側頭窩などの空洞だらけの構造であり、建物で例えるなら、パーテーション(隔壁)で小部屋に分けられたスぺースの集まりといえます。
これらの小部屋は、強い衝撃から力学的に身を呈して脳を守るという、ショックアブソーバーの役割を持っています。

また各小部屋には眼球・鼻腔・口腔・脳幹など、重要な感覚器が収まっており、互いに重要な配管(ヒモ構造AVN)によって交通しています。
建物で例えるなら、神経が電線、動脈が上水管、静脈が下水管です。これらの配管は頭蓋骨や隔壁を貫き、迷路のように小部屋を結んで、中央制御室(脳や心肺)と交通しています。

各小部屋の中心部にある「翼口蓋窩」は、いわば「配電盤」の役割を持っています。前後左右上下と全ての方向において頭蓋骨内の他の空間と交通し、種々の神経や血管を分岐して交通させています。

●翼口蓋窩①



・翼口蓋窩の構造
側頭下窩の内側にある縦に細長い窩(溝、凹み)で、上方から下方へ行くにしたがって前後幅は狭くなります。上顎骨体後縁上半部と蝶形骨の翼状突起前縁との間にある裂隙状の窩をなし、
内側は口蓋骨垂直板、上壁は蝶形骨体よりなり、外側は遊離面をなし、また下壁は上顎骨体、蝶形骨翼状突起、口蓋骨錐体突起により閉ざされています。
この窩は内・外・前・後・上・下のすべての方向と交通しており、内方では蝶口蓋孔(上後鼻神経が通る)を通じて鼻腔と、外方では翼上顎裂を通じて側頭下窩と、前方では眼窩列を通じて眼窩と、
後方では翼突管(翼突管神経が通る)を通じて外頭蓋底と、上方では正円孔(上顎神経)を通じて内頭蓋底と、下方では大口蓋管(大口蓋神経および下行口蓋動・静脈)を通じて口腔とそれぞれ交通しています。

●翼口蓋窩②

 



«   |   »