④人種差
トップページ > ④人種差

④人種差

2018年04月19日(木)5:12 PM

・人種の違いによる顔の違いを見てみましょう。  ※「解説ページ①」の復習になります。


なぜ顔が大きく見える人とそうでない人がいるのでしょう。

顔が大きく見える原因は顔面骨の大きさです。しかし単純にサイズが大きいだけではありません。
エラ、頬骨、口元などの骨の「突出点」が突き出しているために「ゴツい印象」「男性的な印象」に見えるのです。

 

顔の大きさを決めるものは「T-zone」と「V-line」です。

 

 

 

T-zone :眉丘、前額下部から鼻根、鼻尖の高さがある部分

V-line :下顎骨の下縁(下顎の輪郭)

T-zoneが高いほど彫が深く、顔が立体的であり、顔が小さく見えます

V-lineが顎先が尖って細く見えると美しいV-lineになります。

顔面骨が平坦で横幅が広いアジア人では、V-lineが平坦で外側に広く突出している。下顎骨が幅広く、腮(下顎角部)の突出が強ければ、「U-sape」となる。

このT-zone とV-lineに注意して、以下のの顔面骨を比較してください。どちらが、より顔が小さく見えますか?
・成人と小児
・男性と女性
・アジア人とヨーロッパ人(西欧人)

 

小児の外鼻は未発達のため鼻根は高くありません。T-zoneは低く小さい。

また下顎も未発達のためV-lineは小さく、かつ丸いです。

眼は先に発達しますから、相対的に眼が大きく見え、小児の顔は小顔(痩脸)に見えます。

成長すると成長ホルモンの効果で骨が伸長、突出して、大人らしい顔になっていきます。

鼻根が高くなりT-zoneが高く隆起してきて、彫が深くなります。それに伴い、眼球は奥へと引っ込んでいきます。

下顎骨が成長し、強い力で咬めるようになります。顔面の輪郭が成長し、眼鼻は顔の中心部に移動して見えます。

全体的に小児の方が小顔で、幼い印象、可愛いらしい印象を与えます。ただ未発達な鼻根は、高くしたほうが美しく小顔に見えます。

 

また男性ホルモンは骨の断端を突出させる効果が強く、そのため男性はゴツゴツした骨っぽい、ゴツい顔になります。

男性の顔面は頬骨や下顎骨、腮が突出しており、輪郭は直線的でゴツゴツとして見えます。

対して女性の顔面は曲線的で小さいです。これは顔面骨の突出がより小さく、皮下脂肪がより多いためです。

よって女性は小児に近く、幼く、可愛らしく見えます。

女性は、手術でより女性らしく、あるいは小児らしく変化させると小顔に見えます。

より男性的な顔は大人っぽく、野生的で頼もしく見えます。しかし中性的な顔はより美しく、小顔に見えます。

男性は、手術で腮・下顎骨や頬骨を削って、女性らしく変化させると小顔に見えます。

男性に生まれついて、女性の顔を希望する場合は、やはり手術で腮・下顎骨や頬骨を削って、女性らしく変化させると、女性的に見えます。

 

 

イラストでは、こうした成人と小児の特徴を強調します。女性の身体の場合、より凹凸(突出)が強調された、いわゆる「ボンキュッボン」な曲線の方が成熟して見えて、美しいとされます。

しかし顔面の場合は、輪郭の突出が強すぎると顔が大きく見えます(中心部は突出している方が美しい)。 また女性は幼く見える方が、男性は中性的に見える方が、最近の価値観ではより理想的とされます。

上記はアジア人とヨーロッパ人(西欧人)を比較したものです。

アジア人の顔面は平坦で横に幅広いです。西欧人の顔面は真上から見ると前後方向に縦長で流線形をしています(空気抵抗が小さいような形)。

西欧人は颏(オトガイ)が前方に突出していますが、外側は後方へ奥行きがあり、正面からはV-lineが美しく、小顔に見えます。また西欧人は腮が突出していますが、側面での突出のため、正面からは突出して見えず、横幅は大きく見えません。

アジア人では、平坦な顔面平面にて腮が突出しているため、正面から腮が突出して、横幅が広く見えます。

頬骨も同様で、また西欧人では頬の斜面にて頬骨が突出するため、正面からはあまり突出して見えず、横幅(眼の高さ)は大きく見えません。

アジア人では、平坦な顔面平面にて頬骨が突出しているため、正面からも頬骨が突出して、横幅が広く見えます。

アジア人の顔面骨は顔面が平坦な四角い形です。

欧米人は卵形です。 卵形の顔面は小顔であり、理想的とされます。

西欧人は小顔でもあり、また成熟した大人な顔の特徴もあります。アジア人の顔面は立体的なため、顔が大きく見えますが、丸みのある平坦な顔は小児に近い特徴があり、より童顔に見えます。

このように顔面骨(腮、下顎、頬骨)の突出が小さく鼻が高い顔は、美しく、小顔に見えます。T-zoneが高く、V-lineが小さく突出が少ない方が小顔に見えます。

アジア人は、手術でT-zoneを高くして(隆鼻術)、V-lineを削って小さくして、より欧米人にすると小顔に見えます。

(欧米人は下顎骨や鼻骨の突出が強い場合は、これを削ると小顔で幼く、女性的に見えます)

次に横顔で比較します。横顔の顔面のラインでの観察の要点は、「E-line」と「S-curve」です。

E-line :鼻先、上唇、颏(頤オトガイ)の3点を結ぶ直線

   この3点が一直線上にあると理想的なバランス

S-curve:前額~鼻根~鼻尖 にかけてのS字の曲線

   滑らかなS字の曲線が理想的です。

   鼻根が低い、眉骨が突出などの場合、曲線的な「S字」ではなくジグザグの直線的な「Z字」になります。

 Z字はより男性的で、S字は女性的で小顔に見えます。

 

 

 

 

西欧人は鼻根(T-zone)が高く、横顔では目と鼻が離れて見えます。アジア人は鼻根、鼻尖が低く、T-zoneが弱い(小さい)ため、顔面が平坦に見えます。

また西欧人は颏(オトガイ、V-lineの中心)が突出しています。アジア人は颏(オトガイ)が未発達で、中顔面(口元、歯槽骨)が突出しているため、さらに口元(歯槽骨)の突出が強調されて見えます。アジア人はより幼く、若く見えますが、平坦なために顔が大きく見えます。以上を参考にして、各国の「平均顔」を比較します。

 

 

上記は韓国人、中国人、日本人の特徴の比較です。多少の差異はありますが、アジア人は平坦で顔が大きく見えることが特徴です。

上記は各国の「平均顔」です。平均顔は、平均的で、整っていますので美人に見えることが知られています。各国での理想的な美人顔ですが、アジア人は西欧人と比較すると、T-zoneが低くて顔面が平坦で、V-lineも平坦な平面にあるため、颏(オトガイ)は未発達で、腮(下顎角)は外側に突出(発達)しています。平面写真では分かりにくいですが、立体的な顔を想像してください。

上記は現代人と古代人の顎骨の比較です。顎骨は進化の途上を辿る上で重要です。顎骨は化石に残りますし、何を食べていたかを推測できるためです。咀嚼(咬む)器官である上下顎骨が進化の度合いを示します。現代に近づくと、食物の加工技術が発達し、人間は硬いものを食べなくなります。よって咀嚼器官は発達する必要がなくなり、下顎の横幅が狭くなり、正面から見て細くなり、智歯(一番奥の歯)が生えるスペースが無くなり、埋没智歯が生じるようになります。

食生活の変化に従い、よりV-lineの小顔になっていることが分かります。

 

上記は「なりたい顔」「理想的」とされる、芸能人の顔です。いずれもV-lineやT-zoneなどの小顔の特徴をもっていることが分かります。

こちらの人たちは、いわゆる「韓流美人」といわれる、小顔である特徴を備えています。

手術で鼻を高くしたり、下顎骨を削ってV-lineを形成すると、こうした小顔に近づけることが可能です。

 

手術をする場合、過度に行うと不自然になります。

 

上記は骨削りで削るべき、顔面骨の突出点です。正面は突出しているほうが良いのですが、側面~斜面45°が突出していると、平坦で横幅が広く、顔が大きく見えます。

よって頬骨(頬骨突起)と腮(下顎角)を中心とした下顎骨を削り、突出を軽減することが手術の目的です。

■各部位の名称

自分の顔を良くみて、正しく評価、観察する方法を解説します。

顔の形を評価するには、骨格となる顔面骨が重要です。特に重要なのが、T-zoneとV-lineや腮(下顎角)などの突出点です。理想的な卵形からはみ出している、これら突出点を削って小さくすることで、卵形の曲面の内側に顔面骨が入るようにします。

 

 

 

骨の各部位の名称を覚えて、自分の顔はどこが大きいのか、正しく評価してみてください。

 

 

 

 

上記は下顎骨と頬骨を削る手術の術前(左)と術後(右)の比較写真です。

どこが変化しているか、良く画像を比較してください。

顔面を下方から見ると、下顎骨の大きさが良く確認できます。腮(下顎角)が張っていると、「ホームベース顔」「腮張り顔」などと呼ばれます。顔が大きく見えます。

顔面を下方から見ると、下顎骨の大きさが良く確認できます。

この骨の上に、筋肉と脂肪、皮膚を乗せた状態を想像してください。

骨格的にも削った後の右側の方が、卵形の美人(小顔)に見えてきませんか?

下顎角の上には大きい咬筋があります。咬筋に肉毒素(ボトックス)注射を打つと、筋が数カ月(4-5カ月)麻痺するため、廃用性に委縮をして小さくなります。

よって咬筋の肉毒素(ボトックス)注射も、痩脸(小顔)にする効果があります。

また筋肉のさらに上(表面)には、皮下脂肪があります。 太っている人や若い人では、顔の脂肪吸引をすることでも、痩脸(小顔)にする効果があります。

顔には個人差があり、骨格、咬筋、皮下脂肪のどこが、どの程度、大きいのかを正しく評価することが重要です。

 

以下は腮削り(下顎削り)の症例写真です。右が術前、左が術後です。どこが変化しているか、よく比較してください。

 

下顎骨が削られて、外側縁が5-8mm内側に小さくなっています。術後には下顎のV-lineが形成されています。

 

 

下顎骨の大きさ、突出具合は、正面・下斜位・側面の3方向からの写真によって、立体的に評価できます。レントゲン写真によっても、下顎骨を透視して評価します。

 



«   |   »