がん予防のための対策
トップページ > がん予防のための対策

がん予防のための対策

2014年10月10日(金)4:10 PM

【生活習慣等の改善】

禁煙、ストレスの解消、適切な運動、ダイエット、食事、睡眠、サプリメント(抗酸化物質)の摂取など、生活習慣の改善は、がんの予防に効果があります。

 

【免疫療法】

日常生活の中で、ストレス、環境、食生活などの要因により発生する活性酸素などで、遺伝子が傷つき、日々がん細胞は作り出されていますが、免疫機能によりがん細胞(異常細胞)の発生・成長を防いでいます。

この自己免疫力が加齢等により低下した場合、「免疫力を強化する」ことで、がん細胞の増殖を抑制することが可能です。免疫細胞を増やし、体内の免疫力を強化することにより、「がんに勝つ体質」を作り上げる療法、これが免疫療法(免疫細胞療法)です。

 

【高濃度ビタミンC点滴療法】

ビタミンCによるがん治療は、ノーベル科学省、平和賞を受賞したライナス・ポーリング博士によって30年も前に提唱されたものです。

2005年にアメリカの国立衛生研究所(NIH)、国立がんセンター(NCI)、食品薬品局(FDA)が、その効果を米国科学アカデミーで発表し、すでに全米で多くの医者が導入している治療・予防方法です。

 

 

東京都豊島区   かいせいクリニック大塚

 

 



«   |   »