女性器 Q&A
トップページ > 女性器 Q&A

女性器 Q&A


〈良く聞かれるご質問〉

Q. なぜ相場より低価格なのですか。

A. 大手のクリニックですと、例えば20万円の陰唇縮小手術の場合、広告費(8万円)、テナント費(3万円)、人件費(3万円)などのようになっています。当院は安全に関係のないと思える部分をコスト削減しているため、比較的、低価格となっております。

 

Q. 手術をすると、パートナーにはバレますでしょうか。

A. 術後は傷口を縫合しています。傷口に障るので、オナニーやSEXなどの陰茎の強い刺激は、3~4週間はお控えください。

また1~2週間で腫れや内出血は大部分が解消します。この時点では擦ると痛みがあったり、よく見ると腫れや創が見えるかも知れません。

多くの方は、2~3週間ほどは行為をお控えになって、傷の治り具合をみて行っています。

 

※上手な方は「チャックに挟んで痛めてしまった」などの言い訳を用意なさっているようです

また傷口は数ヶ月するとほぼ判別できなくなることが多いですので、将来的なパートナーにバレる恐れはないでしょう。

※万一、傷跡が気になるようであれば、修正手術も可能です

 

Q.患部の写真は撮り方を教えてください。

A. 患部や術前の撮影は必須ではありませんが、「良い画像が」あると診断上、大変な助けとなります。

ここでは鮮明度と方向が重要です。暗い写真、陰影のある写真、焦点の合っていない写真や、斜めから撮った写真では分かりにくいことがあります。

①昼間に窓の方向を向いて

②できるだけ正面から、あるいは角度を変えて3枚ほど

※伸び縮みする部位ですので、剥いて広げる前と、剥いて広げた後と2パターンあると良いです

※ご自身から撮りにくい部位は、姿見(大きな鏡)越しに撮影すると良いです

 

 

Q. 金曜に手術し、次の月曜日から仕事 しても問題ないすか。
A. デスクワークなら問題ありません。力仕事であれば、2日間はお休みいただくか、安静を保てるように調整なさってください。

 日常生活は問題ありませんが、術後はなるべく下半身の安静があると良いです。術後3~4日は、20分以上、歩いたりしないようにしてください。

 

Q. 職場のトイレにウォシュレットがない場合は、どうすれば良いですか。


A. ウェットティッシュなどを携帯いただき、静かにふき取っていただければ宜しいです。


Q. 運動は手術後どれくらいから可能ですか。

A. 上半身の運動であれば3日以降、下半身の運動(ジョギングなど)は抜糸(10日後)してから3日以降としてください。

 


Q.相談と手術を別日にする場合は料金の支払いはどのタイミングでしょうか。

A.相談時に予約金(1万円)をお支払いいただきます。手術費用は当院の指定口座へお振込みください。


Q. 相談のみで手術を希望しない場合、予約料はどうなりますか。

A. 手術日を確定して予約する場合に、予約金をいただきます。

※相談だけで術日未定の場合には、予約金は発生しません。後日、手術日を予約した際に、銀行振り込みにてお支払いいただきます。

※手術予定から4日以内に、変更・キャンセルの場合には、予約金をキャンセル料として頂戴いたします。


Q. 担当医は男性か女性か。

A. 外科の担当医は男性となります。

 

過去の記事