ドラッグ検査
トップページ > ドラッグ検査

ドラッグ検査

2014年09月01日(月)3:34 PM

危険ドラッグの服用後に、体調に異変が起こったり、意識障害に陥ったりして救急搬送される患者が、2011年を境に急増しているそうです。

厚労省研究班の調査によると、2006年~12年に60の特定施設に搬送された518人を解析したところ、2006~09年は0人、2010年は1人だったものが、2011年は48人、2012年は469人だったそうです。

その後も増え続けていることが予想されます。

 

当院では、企業様向けに、乱用薬物スクリーニング検査をおこなっております。

 

 

東京都豊島区北大塚   かいせいクリニック大塚   医院長

 



«   |   »