バッカルファット(頬粘膜下脂肪)+脂肪吸引(頬・顎下)
トップページ > バッカルファット(頬粘膜下脂肪)+脂肪吸引(頬・顎下)

バッカルファット(頬粘膜下脂肪)+脂肪吸引(頬・顎下)

2018年01月19日(金)1:19 PM
LL ※脂肪除去の前後 ●小顔術とは 本サイトの「骨切り」のページにより詳しいですが、顔が大きい原因は次の4つに分けられます。 ①骨格が大きい(エラ張り、顎が大きく幅広い、頬骨が突出) ②筋肉が大きい(咬筋) ③脂肪が多い(皮下脂肪、バッカルファット) ④皮膚のタルミ (40代・50代) ※奥の組織→表面の組織 の順番(バッカルファットは口腔側) ※目鼻や顎が小さくても、相対的に顔が大きく見えます それぞれ、以下のように治療します。 ①→骨切り(エラ削り、オトガイ削り、頬骨削り) ②→エラのボトックス ③→脂肪吸引(頬、顎下)、バッカルファット(頬粘膜下脂肪の除去) ④→フェイスリフト これらを総して「小顔術」と呼びます。 まずは自分の顔の大きさの原因が①~④のいずれであるかを知ることです。 ※こちらに自己診断法が詳しいです 20代、30代であれば、① > ③ の順に効果が高いので、当院ではこの順番にすることをお勧めしています。 ※②は注射なのでいつでも可、他院をお勧め 40代、50代であれば、④のフェイスリフトで「若返り効果」を主目的として、「小顔効果」を目指します。 人によって、骨・筋・脂肪・皮膚タルミのいずれが大きいのか異なりますので、治療方針は異なりますが、診察時に医師が判断します。 当院はより高度な切開手術に特化しておりますので、 骨切り術(下顎骨を小さくする)、バッカルファット、フェイスリフト、鼻 などを最初に行います。 ※単純な脂肪吸引やボトックス注射は他院をお勧めします ●バッカルファット(頬粘膜下脂肪)とは 顔の脂肪が多く、フェイスラインに丸みのある人、下顎骨のラインが脂肪に埋もれてハッキリしない人は、脂肪が多いといえます。 IMG_0082 ※バッカルファットの位置 脂肪は皮下の表面にある皮下脂肪と、口腔内側の粘膜下(外側皮膚からは一番、奥の側)にあるバッカルファット(頬粘膜下脂肪)とがあります。 他院ではこれらを、「頬の脂肪吸引」「顎下の脂肪吸引」「バッカルファット」のように分割して扱いますが、全体に脂肪が多い場合では、一部の治療では不十分です。 当院では「脂肪除去術」として一括して扱い、医師の判断にて、余剰な部分を除去します。費用とダウンタイムも一括します。 バッカル ダウンタイムは1週間で、この間は圧迫を要し、腫れが生じます。 ●圧迫        ※テープの上から圧迫帯にて圧迫します 圧迫 変装+ 圧迫帯(フェイスバンド)を1週間つけて過します(医院の貸し出し)。 ~2日後  圧迫帯を付けたまま外しません 5日後  テープを自分で取る 3~7日後(抜糸)  1日1回外して、つけ直します。1日の15時間以上つけます。 ※ご自宅用として、術前にご自分でも圧迫帯をご購入して、手術日にご持参ください。 Amazonにて「MakeupAccフェイスラインベルト」などで検索できます(Lサイズ)。 ※貸出のものは1週間の通院時にご返却いただきます。前日に外し、手洗い・自然乾燥の上でご持参ください。 ※3日間は圧迫はつけっぱなしが必要ですが、それ以降は、仕事の時だけ(4~5時間ほど)外して過すことは可能です。圧迫を外すと、ゆっくりと腫れが生じますので、仕事が終わったらすぐに圧迫を再開します(寝るときも)。 (あまりスケジュールに余裕がないと、通院や圧迫が不十分となります。病院の指示にご協力いただけない場合、仕上がりを保証することができません) ●シャワー ~4日後  シャワー禁。タオルで体を拭きます。 4日後~  首から下のシャワーを開始します ※ぬるいシャワーを5分、汗だけ流します 抜糸~   シャワーの制限なし ●通院 7日後   抜糸、圧迫帯の返却 ●食べ物、イソジンうがい、歯磨き 口の中に小さい傷があります。 ~3日後 軟らかい物を食べます、歯磨き禁 毎食後、イソジンうがい薬にて、清潔を保ちます(ご購入ください) 3~10日後 辛いもの、熱いものは傷にしみて痛みます。煎餅などの硬いものは傷に挟まって痛いです。なるべく控えてください。 ●お傷 脂肪は小さい穴から除去します。傷はほぼ目立ちません。 皮下脂肪は2-3mmほどの穴が3点(両側の耳たぶの下、顎下)。 口腔内は頬の内側に両側2点。


«   |   »