乱用薬物スクリーニング検査(危険ドラック検査)
トップページ > 乱用薬物スクリーニング検査(危険ドラック検査)

乱用薬物スクリーニング検査(危険ドラック検査)

2014年08月27日(水)9:37 PM
アメリカでは採用面接で尿検査をやる企業が多く、それに向けてドラッグを断つ就職者が居るようです。

これはその最前線の模様を伝えた記事なのですが、「オフで何やろうと個人の自由だ、会社が首突っ込むことじゃない」と、

むしろ尿検査の合法性を問題視する声が多く寄せられていています。

日本とは、温度差ありますよね。

言うまでもなく違法薬物所持は犯罪です。未成年でも捕まります。

あくまでも日本との文化の近いでしょうか?

検査方法は尿検査です。

違法薬物乱用を判定するアメリカで最もメジャーな方法は尿検査です。

ドラッグの活性物資を体が消化する際に出る代謝副産物が尿に混じってないか、調べます。

検出するのは活性物質を(陽性、陰性を分けることdす)

アルコール、コカイン、メタフェタミン、アヘン、その他さまざまなドラッグは6~72時間以内に体内で消化されて排出されるのです。

大量に摂取すればするほど留まる時間は長くなるのが特徴です。

薬物本人以外にも企業に関わる問題です。

当院は、薬物検査も出張で行っております。

東京都豊島区北大塚 かいせいクリニック 医院長


«   |   »

過去の記事

診療時間

時間区分 12~
19時
19~
23時
× ×
-
(電話受付)
-
-
-
-
(10~22時)