健康な患者さんでも定期的な健診を
トップページ > 健康な患者さんでも定期的な健診を

健康な患者さんでも定期的な健診を

2014年09月21日(日)7:18 PM

マイクロアレイ検査・がんリスク検査

がんはすでに不治の病ではありません。早期発見では、半分程度のがんは治ると言えます。

がんが、まだ1~2センチ程度の超初期段階で発見できれば、治癒率は間違えなく良くなると思われます。

 たとえば、進行した胃がんでは、半数以上の方が命を落としますが、早期であれば、100%近く完治します。

がん全体についても、早期がんの段階で治療を受ければ、90近くが完治すると言えます。

ただし、症状が出てからでは、早期がんとは言えません。

早期のがんでは、症状はまず出ません。早期にがんを発見するのは検診の役割です。

早期発見は、症状が出たらすぐ検査を受けることではありません。

健康だから大丈夫と、思っていても症状が出ずがんは、進行してます。

症状がないうちに、定期的に検査することが大事なのです。

依然と違い、短時間の採血で超早期がんが、わかるようになりました。

検査による患者さんの負担も、軽減されています。

自分の為に、また家族の為に是非検診を受けましょう。

当院は、2つの超早期がん検診も行っております。

東京都豊島区北大塚 かいせいクリニック大塚



«   |   »