包皮炎・クラミジア・淋菌の患者さん増加
トップページ > 包皮炎・クラミジア・淋菌の患者さん増加

包皮炎・クラミジア・淋菌の患者さん増加

2014年12月26日(金)2:13 PM

今月に入り、包皮炎・クラミジア・淋菌の患者さんが非常に多かったです。

亀頭包皮炎とは、黄色ブドウ球菌や大腸菌などの雑菌が亀頭や包皮に感染し起こる病気です。

細菌がたまりやすい包茎が原因になることもあります。

成人の場合は、性行為、マスターベーション、下着とのこすれなどの小さな傷からでも感染します。

更に、女性の患者さんの割合が、男性より多くなってます。

女性の場合は、自覚症状が現れ難く、念のための検査で陽性反応が出る患者さんが多いです。

心当たりのある方、心配な方は、早めの検査をお勧め致します。

 

 

東京都豊島区   かいせいクリニック大塚

 



«   |   »