問合わせの前に(骨切り)
トップページ > 問合わせの前に(骨切り)

問合わせの前に(骨切り)

2018年03月21日(水)8:57 PM

●骨切りの事前検査(初診日までに)

事前検査として、以下の3つのデータをメールにてお送りください。
①歯科レントゲン  →「歯科受診について」をご確認ください
②血液検査
③手術部位を3方向から撮影した画像
送信先:kaisei.sbc@gmail.com

※メール相談時に添付いただくとスムーズです
※あるいは問い合わせから1週間以内にメール添付にて送信ください。

→詳しくはこちら

●遠方の人の通院回数(上京回数) を確認ください。
診察(および歯科受診)のため術前に1回通院します。手術後に大塚に宿泊(2泊)した後に、術後は5日後・10日後の2回、通院します。

骨切りパス+①回目(手術2週間前)    歯科レントゲン撮影 、 術前相談
※事前検査を済ませてからご来院ください。
※3種のデータ(歯科レントゲン・血液検査・写真)をメールに添付して送信。

※大塚のホテルと歯科のご予約を確認します、お早目にご予約ください。
※提携歯科:「たまうち歯科」 大塚駅1分  03-3946-7792

②回目(当日~2日後)  手術、入院(日曜夜)、翌日宿泊(月曜夜)
※ご自分で大塚のホテルをご予約ください(月曜に1泊)

③回目(5日後)    テープ交換①、安全確認
④回目(10日後)   テープ交換②、抜糸

※術前・術後に通院が必要となります。術前診察、術後2日間の滞在や、安全確認の通院を省略された場合、安全の保証ができません。スケジュールには十分な準備と余裕をもって臨んでください。

※②~③の期間(日曜~金曜)までを都内にて過ごされる方もいます。

●問診       ※メールしますので、ご返信ください

・これまでの美容外科での手術歴をすべて教えてください。
(例: 6年前 二重切開、 2年前 鼻翼縮小)
・これまでの美容以外での手術歴をすべて教えてください。
(例: 12年前 帝王切開)
・上記以外の入院歴、ご病気をすべて教えてください。
(例: 10年前 腎炎 、2年前 肝炎 、喘息・高血圧あり )
・病院からもらっている薬(その科目、病名)をすべて教えてください。
(例: 内科で血圧に対して「ディオバン」、心療内科科でうつ病に対して「パキシル」)

●予約金、キャンセル料
診察時(あるいは後日)に手術の予約をします。

※ホテルの予約もしてください。
予約金(1万円)をいただき、手術日を確定します。
※手術日から1週間以内のご予約の変更・キャンセルではキャンセル料(1万円)がかかります
※診察以降の手術内容の変更(および日程の変更)は困難です。

●中止する薬と続ける薬
ピルやホルモン治療は術前2週間と術後の2週間は中止してください。
血をサラサラにする薬(抗凝固薬)も中止(前後1週間)が必要ですが、これには主治医の判断が必ず必要です。病気のために手術ができないことがあります。
血圧の薬、精神科の薬は当日の朝まで続けてお飲みください(3時間前に少量の水で)。ステロイドを内服中の方は、ご病気のため、手術ができません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

画像診断で大まかなお返事はできますが、最終的な判断は診察時に行います。そのため、以下の点をよくご了承ください。

・治療方針は医師に従ってください
※ご自身の決めた方法と術式が異なる場合があります。最適な方法をご説明します
※まれに手術自体ができない可能性があります、中止の場合は予約金はご返却します
※大きなご病気ある場合、手術できないか、主治医の判断が必要なことがあります。

・複数の手術を同日に行うことはできません
※手術時間が長すぎて安全を保証できません。また腫れが出るため精密なデザインができません。 腫れが重複すると、分割して行うより、ダウンタイムはかえって長くなります。

・複数のご予約を同時に行うことはできません
1回ずつ手術の説明と予約を行い、1回ずつ手術(日曜日)を行います。

※他院で行った同日の複数手術で、その結果に不十分だった場合の修正術が、近年、増加しています。スケジュールに余裕を確保できなかった場合、手術の質は劣化します。これは患者さん側と医院との、双方に責任があるように思います。

・麻酔方法も医師に従ってください
※眠る麻酔ては、食事は5時間前から中止、飲水は3時間前から中止です

・期日通りに通院してください(通院期間は延長することがあります)

5日・10日後 安全確認を兼ねて、テープ交換をします。この際、必要な処置があれば行いますし、テープがズレるので、正しい状態に貼り替えます。

通院を省略する場合、安全を保証できません。

また人間の身体ですから、予測外の合併症が起こることがまれにあります。この場合、通院が非常に重要となります。ご不便をおかけしますが、通院期間を延長して治療します。余裕のあるスケジュールで手術に臨んでください。



«   |   »

過去の記事