夏バテ、疲れた体に、にんにく注射を
トップページ > 夏バテ、疲れた体に、にんにく注射を

夏バテ、疲れた体に、にんにく注射を

2014年07月12日(土)1:26 PM
ニンニク注射ですが、どんな効能?主成分はニンニクエキスが使われているわけではなく、ビタミンB1の中に含まれる硫化アリルという成分がニンニクの臭いを発するので、にんにく注射と呼ばれています。ビタミンB1が不足すると色々な障害などが現れます。食生活の改善や、サプリメントで補うこともできますが、即効性を要する場合、にんにく注射が有効です。ニンニク注射の効能は、疲労回復、筋肉痛の緩和、関節痛や神経痛の改善、末梢神経炎の改善、末梢神経麻痺の改善、新陳代謝障害の改善、ニキビ、肌荒れ、口内炎の改善。このように様々な効能がえられるのは、にんにく注射を打つと、体内に蓄積した乳酸を分解して血流を良くするからです。注射によって、成分を直接摂取できる、大きな効果を期待することができます。にんにく注射には副作用なく、1週間に1回の頻度で打つこともできます。夏バテで体の疲労が激しい時などは、毎日打っても大丈夫です。プラセンタと併用すると、更に高い効果を得ることができるので、疲れの酷い時などはプラセンタと併用すると良いでしょう。疲労感の激しい時、体力の回復を望むとき、夏バテで食欲がない時、ニンニク注射をするのがお勧めです。暑い夏を乗り切るための、秘密兵器ともいえるでしょう。
東京都豊島区北大塚かいせいクリニック
  • 医院長


  • «   |   »