尖圭コンジローマ
トップページ > 尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマ

2014年06月13日(金)6:31 PM
尖圭コンジローマ(症状は、痛みはなく、乳頭状や鶏冠状(けいかんじょう)(とさかのような)のイボが増殖

 痛みがない為放置している患者さんが多く、多発してから来院する患者さんも多いです。

潜伏期間は1~6カ月です。診断は、特徴的な外観から診断が容易ですが、確定診断には病理組織学的診断が必要です。

治療の方法は原則的に外科的治療と薬物治療がありますが、当院は外科的治療が中心です。

近年、ベセルナクリームが発売されましたが、これは隔日で週に3回病変部に塗布するものです。

コンジローマが消えるまでには時間がかかるため、16週間継続する必要があります。

いろいろな治療法を用いても、ある程度再発することは予想されるので、長期間の経過観察が必要です。

眼で見てわかるコンジローマがある時には感染性が高いと考えられるので、性行為は避けたほうがよいでしょう。
東京都豊島区北大塚
  • かいせいクリニック
  • 医院長


    «   |   »