CGシミュ、メイクシミュ   ~新たなカウンセリング
トップページ > CGシミュ、メイクシミュ   ~新たなカウンセリング

CGシミュ、メイクシミュ   ~新たなカウンセリング

2018年10月31日(水)8:51 PM

●メイクシミュ、整形メイク

●シミュCG

 


●CGモデリング

 


当サイトは新しい顔面のカウンセリング手法を研究開発しています


オーソドックスな方法
美容外科のカウンセリングで、あなたに何の手術が必要であるかを、診察した上でご提案します。
※手術が適当である場合を「適応」があるとします。
※その費用対効果(お勧め度)を★の数などで表すと良いでしょう。

画像視診→直線視診→触診

観察のポイントは、以下の点です。
バランスやラインが平均から何mmズレているのか。
触診にて層ごとの厚みを測り、平均に比しての余剰分はあるか
左右差のズレはどうか。

視診では目鼻や輪郭の配置のバランス、黄金比を評価します。
鼻、顎、額では、横顔のラインを評価しますが、このときは額のSカーブやEライン(鼻尖-オトガイ)などを評価します。
触診は骨を感じてから、咀嚼筋、表情筋へと、深→浅層へ順に集中する対象を変えて、おおよその厚みを計測します。

またbefore/afterは効果が分かりやすい画像ですが、web規制のため数が減ったり、小さかったりします。
※当院ではモニターの協力のもと、あらゆる手術の画像を提供しております。


当院では、模型やCGを用いての、新しい観察やシミュレーションの開発を行っております。

 



色々な手術のシミュレーション


手術
顔面の片側(目、鼻、口、骨)に手術を施したものを用いて、内部構造や手術イメージ、before/afterの比較をすることができます。
写真と異なり層を理解して、立体的に把握できます。

※顔は1パターンです。患者さんをスキャニングして、それを骨とゴム素材にて出力することはまだ不可能です。

骨切りシミュレーション
形成外科、歯科にて一般的なアプローチに、CT画像検査から骨を3D出力して、これに対してシミュレーション手術を行うことが多いです。

※患者さんにはCT検査をお受け頂きます(自費)。
※V3の神経管の走行を確認できます。

豚顎骨でのシミュレーション手術
縮尺こそ違いますが、豚と人間の解剖は相似しています。




回転比較法
before/after を2画面に並べて、同期して回転させて見せることで、3D的な変化を観察することができます。


Fyuse
顔認識アプリを用いた、180度の顔面記録法です。
簡易的なので、主に横顔のセルフチェックや、カウンセリングに有用です。
※「fyuse」で検索、ダウンロードできます。

整形アプリ(湘南美容外科)
簡易なシミュレーションです。

 



photoshop
鼻のシミュレーションに古くから使われています。



Crazy Talk 8
正面画像と側面画像の2画像から、3Dモデルを再現できます。
音声に合わせた表情まで再現できます。

これはアニメーションクリエイターのためのソフトで、「フィッティング」という再現方法を採用しています。これはベースとなる3D顔モデルがあり、2D写真の特徴点をもとにこれを誘導する形で、3Dを再現しています。まさに試着のようなのでフィッティングと呼ばれます。

※欧米のごく一部の美容御外科では、専用に開発されたものをカウンセリングにて使用しています。


下記がこのフィッティングを用いた、近未来的なカウンセリングです。

豊胸シミュレーション

●Mellesomaシステム

●Vctraシステム

※簡易版はアプリでも類似のものがあります。



«   |   »

過去の記事