梅毒検査の患者さんが、増えています。
トップページ > 梅毒検査の患者さんが、増えています。

梅毒検査の患者さんが、増えています。

2014年06月02日(月)1:35 PM
梅毒が若年層に増加 昨年1000人超、「過去の病気」ではない!

2014. [感染症]

 主に性行為で感染する感染症「梅毒」の昨年の患者数が、現行の統計法になった平成12年以降、初めて1千人を上回ったことが5日、分かった。

過去には大流行も引き起こした病も、現在は抗生物質で治療可能。

そのため「過去の病気」と思われがちだが、ここへ来て若年層を中心に感染者がじわじわ増加中だ。専門家は「早めに治療を受け、感染拡大を防いでほしい」と話している。

 国立感染症研究所(東京)によると、25年に梅毒と診断された人は前年比351人増(1・4倍)の1226人(速報値)。22年の621人から3年連続で増加している。

男性が989人と8割を占め、特に25~39歳と若年層での感染が目立つ。感染研細菌第1部の大西真部長は「増加の原因は不明だが、患者の多くは男性同士の性的接触の経験を持っている。

こうしたコミュニティーに梅毒が入り込んでいる可能性がある」と指摘する。

 梅毒は梅毒トレポネーマ菌が性行為などによって皮膚や粘膜の傷口などから侵入することで感染する。

皮膚が赤くなったり、リンパ節が腫れたりすることから始まり、現代ではまれだが進行すると脳や神経が侵され死亡することもある。

 感染初期の発疹などの皮膚病変から移りやすく、治ったように見えても再び皮膚に異常が出ることもある。

大西部長は「早期に治療することが感染拡大の予防となる。ためらわずに病院で検査を受けてほしい」と呼びかけている。
東京都豊島区北大塚
  • かいせいくりにっく大塚
  • 医院長


    «   |   »