淋病の病原体
トップページ > 淋病の病原体

淋病の病原体

2014年11月10日(月)6:31 PM

淋菌は尿路性器感染症は、中枢神経系感染症(髄膜炎)をおこす事があります。

しかし、オー ラルセックスによる淋菌性咽頭炎や髄膜炎菌による膣炎もときにみられます。

したがって、確実な診断のためには検体の鏡検だけでなく、菌の培養と同定検査が必要になります。

淋菌は弱い菌で、患者の粘膜から離れると数時間で感染性を失いしたがって、性交や性交類似行為以外で感染することはまれである。

日光、乾燥や 温度の変化、消毒剤で簡単に死滅します。



«   |   »

過去の記事

診療時間

時間区分 12~
19時
19~
23時
× ×
-
(電話受付)
-
-
-
-
(10~22時)