超“早期がんリスク検査
トップページ > 超“早期がんリスク検査

超“早期がんリスク検査

2014年09月17日(水)10:30 AM

超“早期がんリスク評価

画像診断、内視鏡検査等では確認できない微細ながん(5mm以下)でも、がん細胞から血液に遊離されるDNA、RNA等を解析し、分子、細胞レベルの微細ながんの存在リスクを評価します。 これにより、“超“早期がんリスク評価し、早期治療、治癒率向上を目指します。
予防管理
微細ながんの存在リスク、遺伝子変異による発がんリスクの評価等を継続的に行い、個々人の体質、生活習慣にあった最適な予防管理指導を実現します。 これにより、がん予防の効果確認、発症抑制、早期発見します。
再発防止管理

がん患者さんのがん治療後の再発リスクを評価します。がん治療後、定期的な遺伝子検査により、「がんが再発にむかって進行しているのか、改善されつつあるのか」をリスク評価し、個々人の状態にあった再発防止情報を 提供します。

検査結果に関しては担当医師が総合的に判断した上で確定診断します。

 



«   |   »

過去の記事

診療時間

時間区分 12~
19時
19~
23時
× ×
-
(電話受付)
-
-
-
-
(10~22時)