身体の黄金比、サンプル、乳房サンプル
トップページ > 身体の黄金比、サンプル、乳房サンプル

身体の黄金比、サンプル、乳房サンプル

2018年08月12日(日)6:15 PM

●身体の黄金比 ~「理想的なプロポーション」とは?

乳房が大きいこと、腹部に余剰な皮膚、皮下脂肪がないこと。臀部に高さがあること。

※乳房、臀部においては、外側にだらしなく広がるような「大きさ」は、太って見えて綺麗とは言えません。余剰な皮膚や皮下脂肪があると、タルミが生じるためだらしなく見えます。
概して生来の「巨乳」では、何十年と皮膚に伸展張力が加わるため、乳房、乳輪、乳頭の形態が崩れることが多いです(乳輪は楕円に拡大、乳頭は平坦化)。

乳房も臀部も、ツンと前後に突き出た、高さのある形状が理想的とされますが、これは「自然さ」「柔軟性」と両立しがたいです。

ゆえに「生まれながらの巨乳」よりも「手術的に形成した巨乳」の方が、より形状が整っています。下記のような特徴があります。

・乳房は大きいが乳輪は小さく、円である

・乳頭は大き過ぎず、突出している


あだ
img01_2016010717333084b.jpg

 


●バッグによる豊胸術の仕上がり

 


●白人20代女性の乳房サンプルの動画です。

※手術では女優さんのようなここまで美しい乳房は、再現することが困難な要素があります。
40代以降 →下垂に対し、吊り上げ術(リダクション)が必要です。それに伴う創を要します。。
MtoF(女性化) →ホルモン治療歴が短く、皮下脂肪が少ない場合、大きいバッグではバックの輪郭が分かりやすいです。
肋骨が透けるほどに痩せた人 → 皮下脂肪が少ない場合、大きいバッグではバックの輪郭が分かりやすいです。


●以下は各サイズでのバストの比較写真です。
 その内容物が、シリコンバッグか、注入した自己脂肪か、自然の乳腺+脂肪なのかは定かでありません。
 より大きな人ほど重力に従い、タルミやすいことが分かります。
 

A_20151219203927291.jpg B11 B2.jpgkk



 


 

 

 



«   |   »