2018年10月17日(水)1:57 PM

●注意事項

※当院では必要最低限の費用にて手術を行えます。手術費用と他に別途下記費用がかかります。

診察費3240円    処置費1080円
追加の麻酔費3240円(希望者)
お薬・イソジン・テープ代2700円

※ご予約の際には予約金(10,000円)が手術費と別途必要となります。予約金は10日後の通院時に、圧迫の返却をしていただきましたら、銀行振込にて返金となります。

※手術の一週間以内に変更・キャンセルの場合には、予約金をキャンセル料として頂戴いたします。

※お手数ですが、圧迫帯は手洗い、自然乾燥ののちにご返却ください
 洗濯機では壊れてしまうことがあります

 

※診察時に術前撮影を行います。これには2つの目的があります。
  ①術前の、詳細なデザイン打ちあわせのため 
  ②手術前後の効果比較のため
 第三者に見られることは、決してありません。院内にて厳重に保管いたします。

※最小限の人数で診療にあたっております。まれに医師の到着が遅れる場合、ご予約のお時間をやや過ぎてからの開院となる場合がございます。
  

・剃毛
手術の3日前に、陰部の全ての毛をツルツルの状態に剃ってください。
一部の毛が残っていますと、毛先が手術野に入り、不潔となります。
あまり直前に剃ると、皮膚が炎症することがあります。

・入浴
3日目までは入浴は禁止です。温タオルなどで身体を拭いてください。
4日目から、ぬるめのお湯でシャワーを開始します。ただし、傷を指で触ってはいけません。
流水で流すだけにしてください。傷を触って洗うことは、術後2週間以降に行います。

・お傷
1~2か月は硬さ、痒みなどが生じることがあります。
軽い腫れが生じたケースも、3カ月ほどでなくなります。

・効果
余った皮膚がなくなることで、外見上の若返り効果が得られます。
ヒダが擦れる感覚も改善します。

・追加手術  
膣の拡張が気になる方は、膣の縮小手術を希望されるケースが多いです。
また、まれに術後3か月ほどで、擦れ感が再発してしまう場合には、追加切除を行うこともあります(手術費用は初回の半額)。


・麻酔
表面麻酔の後に局部麻酔を行います

・手術時間
小陰唇縮小   100分
副皮切除  15分   会陰切除 15分

・まれな症状
血腫・・・血が中に溜まってしまった状態。部分的(片側だけ)に腫れて痛みが生じます
   →ご連絡ください。当院にて圧迫をしっかりし直し、2~3週間で吸収されるのを待ちます。
持続する出血・・・圧迫止血を行ってください
感染・・・ばい菌が入って膿んでいる状態です。部分的(片側だけ)に腫れて痛みが生じます。
   →ご連絡ください。抗生剤を処方します。膿を出す処置をする場合もあります。

陰唇拡張の再発 →部分的に再手術をします。



«   |   »

過去の記事