MMORPG

MMORPG

2018年11月02日(金)11:44 AM

ゲームはリアルに、リアルはゲームに果てしなく近づいていきます。

 

⚫MMORPG内での事件

ゲーム内でも殺人事件(プレイヤーキル)や戦争、大虐殺が生じて争いが起こることがあり、現実の訴訟につながることが起きています。

現実離れした世界観を楽しむ、気晴らしとしてのゲームですが、リアルさを追及すると現実に近づきます。すなわち不老不死ではなくなり、生き返りが困難(高額化)となるのが自然でしょう。

 

※大虐殺の舞台はゲーム世界において、戦争遺産として保存されることがあります。

 

※お金と戦争とは、人類と表裏一体ですから、排除することは困難でしょう。

 

※現実世界との違いは、サーバーのクラッシュなどです。現実世界になぞらえると、食糧難あるいは自然災害のような災難でしょう。

 

「苦悩」という共通経験を得る機会と前向きにとらえると、団結力やモラルを見出だす可能性もありますが、それはプレイヤーの感度に委ねられています。

 

※実はこうした災害は方便であり、運営会社の都合(採算が取れない)にてクラッシュさせることがあります。

プレイヤーからするとまさに災害ですが、それらはリアルがフィクションから自立する機会であり、共通経験をする機会でもあります。

 


 

⚫リアルとフィクション

MMORPGでは、目標が自作自演、つまり運営会社が課金目的にチート行為を行い、問題になることがあります。

これはいわば、フィクションのリアルに対する反乱行為です。主従関係が逆転している印象ですが、将来的に両者の区別がつかなくなれば、もしろこの行為は必要悪となる可能性があります。

 

つまり人生の意味を見失った時代では、それがフィクション(やらせ)であっても良いからあった方が良いということです。

「人間の意味」や、「内面的な美しさ」を求めてこれらが作られることとなるでしょう。

 



«   |   »

過去の記事